『般若心経』

経文の〝現代訳〟


あらゆる真理を観る眼の開けた〝観自在菩薩〟と呼ばれる大人は、

その深い智慧によって

肉体も精神もすべてが「空」であると見極めて、

すべての苦悩や災厄を克服された。

舎利子よ、

肉体をはじめとする「存在」は「空」を離れて無く、

また「空」は肉体をはじめとする「存在」を離れては無い。

「存在」はそのまま「空」であり、

「空」はそのまま「存在」である。

何かを感じたり、考え思ったり、意欲したり、自我さえも

その通り(空)である。

舎利子よ、

すべては「空」であるから、

生ずるものでも無く、滅するものでも無い。

汚れもしなければ、清らかにもならない。

増えもしなければ、減りもしない。

だから「空」の中には、

肉体も無く、感覚も無く、考えたり思ったりすることもなく、意欲も無く、自我も無い。

眼も無く、耳も無く、鼻も無く、舌も無く、身体も無く、意識も無い。

そのため、

色も無く、香りも無く、味も無く、触れられるものも無く、想われるものも無い。

見る世界も無ければ、

以前に経験した世界も無い。

感情に引きずられるままの本能もなければ、

感情に引きずられるままの本能の尽きることも無い。

(すべては「空」なので)

老死も無く、

したがって、老死の尽きることも無い。

苦悩も無ければ、

その原因である執着も無く、救いも無く、そのための修行も無い。

知ることも無ければ、また得たというものも無い。

それは、

本来得られるべき何ものも無いからである。

菩薩と呼ばれる大人は、

このように徹底した「大いなる智慧」に依って

心の中に何のこだわりも無い。

こだわりが無いから、

恐怖が無い。

そして恐怖が無いから、混迷することも無く、

邪念から離れることができ、静寂な境地が得られるのである。

過去・現在・未来の、すべての諸仏方も、

この偉大な英智によって、

その尊く厳かな普遍的人格を自覚される。

だから、

この大いなる智慧こそ、

最も神秘的な呪文であり、最も光り輝く呪文であり、

すべての世に通じる最高の呪文であり、他に比べるものがない呪文なのである。

この呪文が

すべての苦難を取り除くことは、まさしく真実であり、そこには一点の嘘や偽りも無い。

これが、その大いなる智慧の呪文である。

「 ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ボジソワカ 」

(仏法の智慧で救われた、救われた、完全に救われた。

みんな救われた。救われたここが、お浄土だった)

以上が、『般若心経』の教えである。

 

<※山田無文老師訳参照+等観院副住職・木村俊彦重訳>

 

[戻る]

 

〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町61

Copyright (C) toukanin. All rights reserved.