写経のご案内

心経経文photo

○『般若心経』について○

s001

s002

s003

s001_11

s001_12

 

写経本photo

等観院では、小学館文庫より『想いをかわす般若心経』という写経の本を出版しています。

この本は、写経をして〝無心〟になることを薦めるものではありません。

厳しい修行をする僧侶たちでも、実際にはなかなか無心になれないそうです。

写経をする〝ひととき〟を

「自分と向い合い、もう一人の自分と想いをかわす」、

「お釈迦さまや観音さまと想いをかわす」

「亡き人への想いをかわす」など、

それぞれの心の中にある〝さまざまな想い〟と語らう機会にしたい……

………そんな想いを込めた写経を、供養して貰いたい………

という方々のために生まれた本です。

心の中でさまざまな想いをかわしながら、

一字一字をゆっくりと丁寧に、『般若心経』を書き写してみてください。

 

syakyou_image

((((((((((((((((((( 等観院の写経の祈願供養 )))))))))))))))))))

 

納められた読者の写経は、

毎月十五日早朝の勤行時に祈願供養を行います。

内陣に安置された御本尊・十一面観音の前で香を焚き、

はじめに読者から送られてきた写経を供じます。

次に『般若心経』『甘露文(大施餓鬼)』『延命十句観音経』という経典を誦経します。

そして、写経を書き上げた読者一人ひとりの想いを供養するために、

穏やかなに心を込めてそれぞれのお経を読み上げていきます。

 

〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町61

Copyright (C) toukanin. All rights reserved.