ほとけの教え

布施とは何か

言葉を丁寧に使うphoto1

〝お布施〟というと、

今日では仏事や法要を行った際に、

〝お坊さんへ謝礼として渡す金品〟のことだと思っている人が多くいます。

国語辞典で調べてみると、

確かにそうした意味が記されているので、

それが現代社会の常識となっているわけですが……

本来の仏教用語の「布施」は、

〝お金〟

を意味する言葉ではないことをご存知でしょうか。

大乗仏教では、

わたしたちが〝さとり〟を得るためには

日常生活の中で〝六波羅蜜(ろくはらみつ)〟という六つの徳目を

必ず行わなければいけないと教えています。

その六つとは、

①布施、

②持戒(仏教の信者として守るべき戒を自ら守ること)、

③忍辱(侮辱や迫害を受けても、相手を恨まないこと)、

④精進(雑念をコントロールして、仏道に励むこと )、

⑤禅定(坐禅を行い、心を静めて一つに集中すること)、

⑥智慧(教えをもとにして、道理や法則を明らかにする)

のことで、

その一番はじめに説かれている教えが

〝布施〟なのです。

言葉を丁寧に使うphoto2

仏教でいう〝布施〟とは、大別すると

●財 施……自分との関係の有無に関わらず、それを必要とする人に財物(金品や物)を施すこと。

●法 施……仏法の教えや物事の道理や真理を説く、または温かい心のこもった言葉をかけること。

●無畏施……人に安心を与え施すこと。 勇気ある意志をもって日々努力して人生を生きていくこと。

●身 施……困っている人に力をかしたり、人に親切を尽くすこと。              。

という四つに分けられます。

今日、世間で言われている〝お布施〟とは、この〝財施〟の意味から転じたもののようで、

しかも三つの中で唯一〝限りのある〟ものです。

実をいうと

仏教者が最も大切にすべき布施は

〝法施〟。

なぜなら、この布施は、

それを得た人の生き方を変える力を持っているからです。

日本の曹洞宗の開祖・道元禅師は

「愛語よく回天の力あり」

(温かい心のこもった教えや言葉は、困難な状況を一変させる力がある)

と説いています。

つまり、僧侶のように仏法の教えを説けない人も、

相手のことをよく考えて発する心のこもった言葉をかけることはできる。

そうした言葉を丁寧に使うことも、

〝法施〟になるというわけです。

この法施とともに〝身施〟を実践することは、

出家をしたお坊さんだけでなく、

誰でも日常生活で実践できる〝ほんとうの布施〟であり、

仏法の修行なのです。

[戻る]

 

〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町61

Copyright (C) toukanin. All rights reserved.